News ニュース・ブログ・イベント情報

【はじめての家づくり⑦地中熱とは その2】 2017/07/22スタッフブログ

*写真はフィアスホーム岐阜南店モデルハウスに設置されている地中熱 輻射冷暖房システムです。

こんにちは。フィアスホーム岐阜南店 山田です。今日のテーマは、地中熱 その2 実例のご紹介です。

現在、弊社のモデルハウスには、地中熱冷暖房システムの輻射パネルが冷房稼働中です。

輻射パネルとは、アルミパネルの内部に循環液が流れる仕組みになっていて、冷えた循環液を地中熱を利用して、省エネ運転できる冷暖房機器の一つです。

北海道など寒い地域などにある、パネルヒータを連想していただくとわかりやすいかもしれません。

このシステムの特徴は、冷暖房が出来て、しかも循環液が循環するシステムなので、温度差が少なく、とても省電力で運転できることが最大のメリットです。

また、エアコンのように送風して空気を暖めたり冷ましたりするのではなく、輻射熱といって、我々の体や物体から放熱される熱を奪ってくれるので、体に非常に優しい冷暖房なのです。

上記のモニターの左欄の一番下、輻射パネルの消費電力にご注目ください。本日10時24分の生データです。外気温はすでに30℃を超えていました。

瞬間の電力消費が849Wという表示になっています。モデルハウスには1Fにパネル3枚、2Fにパネル3枚が設置されています。これだけでほぼ家全体約47坪を冷房中です。(*外気温や住宅の使用状況により変化がございます)

住宅の全館空調は、とても電気代がかかるイメージをお持ちの方が多いと思います。また外出時には冷暖房の電源を切るパターンほとんどかもしれませんが、弊社のお施主様で地中熱を採用した方は、ほぼ、24時間自動運転で冷暖房していただけます。

住宅の高気密高断熱と地中熱システムの省エネ運転が、掛け合わされて、より質の高い快適性と省エネ性が実現できています。

先日モデルハウスで、地中熱システムを体感していただいたお客様が、『洞窟の中にいるみたいな涼しさですね』とおっしゃってみえました。まさに、自然の涼しさを家の中で体感できる、快適性を是非、一度、体験しに来てくださいませ。

 

 

フィアスホーム岐阜南店

ヤマカトラストホームズ株式会社

〒500-8385 岐阜県岐阜市下奈良1丁目10-1
TEL058-277-0714 FAX058-277-0814

Support Area 対応地域

岐阜市、羽島郡、羽島市、安八郡、大垣市、各務原市、養老町、垂井町、関ヶ原市、山県市、本巣市、瑞穂市、関市、一宮市、稲沢市、一宮市、江南市、春日井市、名古屋市

トップへ戻る